レーシックイメージ

もっと早くにしなかったんだろうと後悔するくらいすごいレーシック手術

私は子供の頃からメガネをかけて過ごし、メガネがないと生活ができない日々を過ごしてきました。
コンタクトレンズにどうしても馴染めず、ずっとメガネが手放せない日々でした。
もっとドレスアップしてオシャレがしたい、という時も、メガネがあるせいで、どことなく決まらず、気分がのらないこともありました。
そんな時、同じようにメガネをかけた友達がレーシック手術を受けて、見違えるほどキレイになったのをきっかけに私も受けてみたいと思うようになりました。
しかし、以前からレーシック手術には抵抗がありました。
目の手術ということもあり、失敗したらどうしよう、という思いがあったのです。
そこで、友達に進めてもらったクリニックで、レーシックを受けることにしました。
レーシックにはエピレーシックやラセックなどいくつか種類があります。
最初はじっくりと看護婦さんのカウンセリングがあり、不安も感じなくなり、安心して受けることができました。
レーシックは3時間ほどで、視力が回復するけど、安定するのに時間がかかるとのこと。
手術自体はあっという間に終わり、体に負担を感じることもほとんどありませんでした。
目の痛みも感じないのには、驚きました。
手術後は、公共交通機関で帰りましたが、少しずつ見えてきているように感じました。
視力が安定するまで、安静にしておいてくださいと言われたので、自宅では横になり、できるだけ目を閉じて過ごしました。
そして、次の日になって、メガネをかけていなくても、すごくよく見える世界にびっくり。
世の中ってこんなにきれいなんだ、と感動しました。
メガネではなんとなく曇っていた世界が鮮明に見ることができ、自分がいかに本当の美しさをみていなかったか実感しました。
私は読書が趣味なんですが、近くの文字もはっきり見えるようになり、読書も快適にできるようになりました。
なんでもっと早くにレーシック手術をしていなかったんだろうと思いました。
メガネやコンタクトの生活をしている方に、是非おすすめしたいと思います。
レーシックを受けられると決まってから行うレーシックの初診検査と手術の方法についてまとめられているサイトがあります。
これから手術を考えている方のお役に立つと思います。
レーシックした人がなれない職業についての記事も興味深いです。

Copyright(C) 2010 近視を治そう.com All Rights Reserved.